フリーランスと自営業って同じ?違いって?実は…

「フリーランス」、「自営業」という言葉を耳にしたことがあっても、この二つの違いを説明できる方は少ないはずです。

どちらも共通して、自分の力でお金を稼ぐ働き方ですが、その違いはどこにあるのでしょうか?

本記事では、そんなフリーランスと自営業の違いを解説していきます。

いま現在、企業・公的機関などに属さずに稼がれている方は、自分がどちらに属すのか確認してみましょう。

フリーランスと自営業の違いって?

はてな

フリーランスと自営業はどちらも自分のスキル、専門知識などを活かして稼ぐ働き方です。

両者は非常に似ているため、おおざっぱな言葉の使い方をすれば、同じものとして見做せるかもしれません。

実際、フリーランス、ないし自営業者のなかにも、自分がフリーランスなのか、自営業なのか分からないという方も少なくありません。

フリーランスと自営業では職種も働き方も異なる部分が多く、厳密に言うとこの二つは異なるものです。

フリーランスと自営業の違いを確認していきましょう。

フリーランスとは何か?

フリーランスとは企業・公的機関に属さずに、依頼を受けてお金を稼ぐ働き方です。

フリーランスは自分で企業などに営業をかけて、仕事ごとに契約を結びます。

「依頼を受けて」「個人で」お金を稼ぐというのがフリーランスの特徴ですね。

仕事は単発の場合もありますし、同じクライアントから継続して仕事を受注することもあります。

フリーランスの特徴として、Webライター、Webデザイナー、プログラマーなどといったウェブ系の仕事に従事していることが多いです。

美容師、コンサルタントとしてフリーランスで働いている人も増えていますが、一般的にイメージされるフリーランスの多くがウェブ関係の仕事に従事しています。

フリーランスは時間や場所を問わずに働ける仕事に就いていることが多いため、カフェやコワーキングスペースなどを利用して働いている人も少なくありません。

また、フリーランスのなかには旅をしながら働く人、ホテル・旅館にステイして働く人などもいます。

そんなフリーランスのなかには個人事業主開業届を提出している人もいます。

個人事業主とは法人を設立ぜず、個人で事業を営んでいる人のことを指し、税金などの区分にも関係します。

個人事業主開業届を提出することによって、所属のないフリーランスの社会的信用が高まる場面も少なくありません。

自営業とは何か?

自営業とは、自ら事業を営んでいる人のことをいいます。

登記をして起業していたり、お店を持っていたりする場合が自営業に該当します。

自営業者は一人で働いているとは限りません。

家族と協力して事業を営んでいたり、従業員を雇っていたりするケースも多いです。

自営業が多い職として、飲食店、製造業、士業などが挙げられます。

自営業者はサラリーマンよりも、自分の意思を優先して働ける傾向にあります。

しかし対面で人と接する機会が多かったり、人を雇っていたりすることも少なくありません。

自営業という大きな括りの中に、フリーランスもある、と思って良いでしょう。

フリーランスと自営業の違いまとめ

最後に、フリーランスと自営業の特徴をおさらいしておきましょう。

フリーランスはウェブ系の仕事に従事していることが多く、時間や場所に問われることなく働いています。

(企業に駐在しているフリーランスもいます)

フリーランスのなかには、カフェやコワーキングスペースを職場としている人も多いです。

一方、自営業とは、飲食業、製造業、士業などの職が該当することが多く、お店や事務所などを所有していることも少なくありません。

自営業もフリーランスも他人から命令を受けることなく働くことができます。

自分の力を試してみたい人、自分のスキルを活かして稼ぎたい人におすすめの働き方です。

一方、安定志向の強い人や自分で行動を起こすことに苦手意識のある方にはむきません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA