デジハリのウェブデザイナースクールって実際どう?口コミからわかるメリット・デメリットも解説

「デジハリのウェブデザイナースクールに通いたいけど、評判はどうなのだろう?」「デジハリに通うメリットやデメリットは?」といった疑問に答えます。

結論、デジハリのウェブデザインスクールは、デザインからマーケティングまで幅広いスキルが身に付くスクールです。

デジハリ利用者の口コミを解説しつつ、そこでわかったメリットやデメリットを解説します。

記事を読んだ後は、あなたに合うスクールか否かがわかりますよ。

デジタルハリウッド STUDIO by LIG

ノマド、フリーランス向きの職種について一覧はこちら

デジハリのウェブデザイナースクールの評判・デメリット

まずはデジハリ利用者のマイナスな口コミを見てみましょう。

料金が高い

デジハリは以下の表のとおり、確かに学費は高めです。

コース(副業スタートアップ以外は半年間のコース) 税込の料金
webデザイナー専攻 495,000円
超実践型 就職・転職プラン 591,800円
フリーランススタートアップパック 528,000円
グラフィック経験者プラン 370,000円
web担当者プラン 407,000円
副業スタートアップパック 308,000円(3か月)

しかし、後に紹介するようにデジハリでは

  • SEOなどのマーケティングも教えてくれる
  • 即戦力並みのデザインスキルが身に付く
  • 横のつながりができる
  • 転職や就職のサポート
  • コワーキングスペースが併設なら無料で使える

などのメリットがあります。

他のスクールでは体験できないようなサービスも受けられるため、妥当な価格と言えるでしょう。

卒業後すぐにフリーランスとして活躍できるとは限らない

上記の方々がツイートされているように、「スクールを出て1か月目からフリーで月収〇十万円!」は厳しいです。

なぜなら、駆け出しのころは実績がなく、安い案件しか受注できないからです。

いくらスクールを出てもソフトの操作や、仕事をこなすのには膨大な時間がかかり、その傍ら営業活動や複数の案件をこなすのは難しいと言えるでしょう。

もちろん、デジハリではフリーランスとして働くためのスキルは教えてくれます。

しかし、広告にあるような「初月から〇十万円」を稼げる人は流石にほんの一握りです。

あくまでも夢を見すぎずに、コツコツ学習していくのが大切ですね。

デジハリのウェブデザイナースクールの評判・メリット

次は良い評判を見ていきましょう。

受講生のレベルも高い

デジハリのウェブデザインスクールは、先ほども紹介したとおり、決して安い受講料ではありません。

そのため「真剣に学習したい本気な人」が集まっているスクールとも言えるでしょう。

周囲の受講生のレベルが高ければ、自身も良い影響を受けることができますよ。

即戦力並みのスキルが身に付く

デジハリは半年かけて、以下のことを学習します。

  • Illustrator
  • Photoshop 
  • Dreamweaver
  • HTML5/CSS3 
  • JavaScript
  • jQuery
  • SEO
  • Webディレクション講座
  • Google Analytics
  • ポートフォリオ作成

デザイン・開発・集客など、現場でも役立つスキルが身に付きますよ。

横のつながりができる

もちろんデジハリだけではありませんが、スクールに通ったら知り合いが増えます。

知り合いを増やすと、カリキュラムでわからない点を相談しあったり、転職の情報交換などができたりするため、スクールでの過ごし方がより充実するでしょう。

デジタルハリウッド STUDIO by LIGはこちら

デジハリのウェブデザイナースクールが向いている人

以上を踏まえて、デジハリのウェブデザイナースクールは以下のような人に向いています。

  • デザインからマーケティングまで幅広いスキルを学習したい人
  • 半年時間をかけて学習したい人
  • 横のつながりも作りたい人
  • スクールの時間以外も能動的に学習できる人

まとめ デジタルハリウッドSTUDIO by LIGはこちら!

デジタルハリウッド STUDIO by LIGはこちら

今回はデジハリのウェブデザイナースクールの評判や、メリットなどを解説しました。

デジハリはデザインからマーケティングまで幅広く学習でき、現場で働けるスキルが身に付きます。

webデザイナーとして転職したい人や、フリーで仕事を始めたい人はぜひ受講してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA