会社員でも可能!月10万円稼げる副業とは?おすすめランキング5選!

月3万円だったら、なんとなく稼げるイメージがわくかなと思います。

では副業で月10万円、だったらどうでしょうか?

ほとんどの方は、挑戦もせずに「10万円は無理だろ」とか「どうせ頭がいいやつしか稼げない」と思うはずです。

しかし、副業で月10万円は現実的に突破可能な金額です。

わたしは以前、週5で医療事務として働きながら、副業で月8万円稼いだ経験があります。

専門学校出身で学歴のないわたしでも、5か月目で10万円近い収入をゲットできたのです。

よっぽど「毎日残業で休みがない」というブラック企業に勤めてない限り、早い方で3か月あれば達成できるでしょう。

諦める前に、ダメもとでもいいので挑戦してみましょう!

会社員が副業で月10万円稼ぐ方法とは?

はてな

副業を始めて1か月目で1万円は、割とかんたんに稼げます。

2カ月目では、コツをつかめたら月3万円も余裕です。

しかし月10万円を稼ぐとなると、ハードルがぐんと高くなり、それなりのコツやスキルが必要になります。

「副業で月10万円を目指す」そんな方が、押さえておくべきポイントを3つご紹介します。

副業で月10万円稼ぐなら、1つのジャンルに力を入れよう

副業をはじめるなら、まずは「これだ」というジャンルをひとつに絞り込んで、全力投球しましょう。

なぜなら初心者でもできるような仕事は、報酬が低いからです。

例えば、WEBライターを例にあげると……

・2000文字×文字単価0.3円 報酬600円

・2000文字×文字単価1.5円 報酬3,000円

仮に2000文字を1時間で書いたとしましょう。時給換算するとその差は、5倍です。

この差が、10万の壁を超えられるかの違いだと思います。

初心者から経験者になると、必然的に単価もアップするでしょう。

そのためには一つのジャンルにしぼって、スキルアップしていくのが効率的といえます。

家族にも協力してもらおう

副業でがっつり稼ぐとなると、どうしてもプライベートが犠牲になりがちです。

いっしょに暮らす家族には、事前に副業することを話しておきましょう。

副業への理解があり、協力し合っている家族も少なからずいるみたいですよ。

一家で「せどり」で稼いでいます、というケースはよく耳にします。

大まかな運用は旦那さんが仕切り、商品の梱包や発送手続きを奥さんが手伝う。

休日は子供をつれて物品探しにでかける、といった感じで、お互い協力し合って稼ぐ方法ですね。

家族の協力が得られたら、月10万円達成の近道にきっとなるはずです。

稼ぐための綿密な計画をたてよう

なんとなく副業を続けているだけでは「月10万円」は達成できません!

まずは「いつまでに」と期間を決め、そのゴールに向かって、日々何をすればいいかを逆算して考える必要があります。

みなさんは、月10万円という数値をどうとらえますか?

時給1,000円で計算すると、実質100時間は副業にあてないと達成できない金額です。

では、100時間をふだんの生活からどうやって捻出しますか?

例えば「会社に行く時間より1時間早く起きて副業にあてる」などの工夫が必要になります。

こんな感じでスケジュールを組んでいくと、「自分がどう行動すべきか」分かりやすくなると思います。

月10万かせいでいる人たちは、みんな時間の使い方がうまいです。

副業収入を6桁にのせたいなら、タスク管理の徹底が重要になってきますよ。

会社員が月10万円稼げる副業ランキング

世の中にあふれている副業のなかから、「何を副業に選んでいいのか分からない」という方。

おすすめの副業ランキングを5位まで発表します。

  • スキルが身につき、自分ひとりの力で稼げるようになる
  • ネット検索で、初心者向けから上級者向けのノウハウがでてくる

主観ではありますが、この2点に着目して月10万円稼げる副業をピックアップしました。

1位:アフィリエイトブログ

アフィリエイトブログは、副業の鉄板ですね。

これから何かをはじめたいという方に、まず初めにおすすめしたい副業です。

ほとんど無料ではじめられるので、初心者でも参入しやすいメリットがあります。

なんといっても、ブログは放置しておいても報酬が発生するシステムです。

働いているときも、遊びにでかけているときも、自動で稼いでくれるブログは、会社員の味方!

とはいえ収益が発生するには、どんなに早くても3か月ほどかかるデメリットもあるので、コツコツ頑張る必要があります。

真っさらな初心者なら、平均的には1~2年ほどかけて様々なスキルアップと共に、地道に収益を育てていくイメージでしょう。

アフィリエイトの概要について詳しくはこちら

アフィリエイトのやり方、基本戦略についてはこちら

2位:WEBライター

WEBライターは副業として、稼ぎやすいジャンルです。

ライターは人手不足なので、副業アプリでは常に募集がされています。

また書けば書くほどスキルもあがるので、単価アップも比較的スピーディーにあげやすいメリットがあります。

ただし、書いた記事は報酬をもらったら終わりです。

ストック型のブログ記事と違い、いくら利益を生む記事を書いたところで「1記事〇円」のライターは、それ以上の報酬をえられません。

そのため稼ぐためには、ずっと書き続けなければならないという欠点もあります。

webライティングの技術はそのままアフィリエイトブログに活かせるものも多いので、培ったスキルでそちらを始めてみてもいいでしょうね。

webライターについて詳しくはこちら

webライターのスキルアップ、単価アップについてはこちら

3位:WEBデザイナー

WEBデザイナーも人気な副業のひとつです。

実績を積み知名度があがれば、1案件10万以上の高単価のお仕事もあります。

またライターと同様、人材が不足しているので仕事もたくさんあります。

個人ブログをたちあげたり、広告バナーを作成したり、とWEBデザイナーの仕事は幅が広いので、そのなかでも自分の得意分野を伸ばしていきましょう。

webデザイナーについて詳しくはこちら

4位:イラストレーター

「イラストを描く趣味をお金にしたい」そんな方に、楽しんでできて、スキルを磨けるイラストレーターは副業にぴったりでしょう。

副業アプリ「クラウドワークス」や、自分のスキルを販売できる「ココナラ」といったアプリがおすすめです。

またイラストレーターは、働き方によっては不労所得として報酬をえられることもあります。

フリーイラストの配布サイトである「イラストAC」に、自分の絵を登録しましょう。

1ダウンロードにつき数円の報酬がえられるため、書いて放置しておくだけで収入が発生する嬉しいシステムもります。

5位:動画編集者

YouTubeやニコニコ動画などの動画サイトにアップする、動画を編集する仕事です。

2020年3月から日本でも5G回線に対応して、これからどんどん通信速度が改善されるでしょう。

それに伴い、動画や配信コンテンツのニーズもあがると考えられます。

そうなってくると、動画編集者のニーズもおのずとあがるでしょう。

動画編集の経験を積んでユーチューバーになる、という次のステップアップも可能です。

会社員が10万円稼げる副業まとめ

副業を考えている方は、本業に何かしらの不満をかかえているのではないでしょうか?

「給料が少ない」「評価されない」「人間関係がつらい」

副業で月10万稼げる能力が身についたら、フリーランスでも十分に通用します。

わたし自身、副業で8万達成した月に退職届をだしました(笑)

まずは1万、3万、5万と焦らず根気強く続けていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA