50代未経験に新しい仕事はないって?50代が求められる仕事を紹介!

緊急事態宣言が発動された事もあり、現在多くの人の収入が大幅減少し、職にあぶれてしまった人も沢山います。

そんな中、困ってしまうのが50代以上の仕事探しです。

現在飲食店のようなアルバイトの募集は少なめな傾向にあり、多くの人が次の仕事を見つけられずにいます。

ただでさえ募集が少ないのに、未経験の場合パートの仕事すら満足に決まらない、と悩んでいる人は多いようです。

今回はそんな50代以上の男性、女性を対象に、活躍しやすい仕事探しの方法を紹介していきます!

50代にはどういう仕事が求めらている?

はてな

50代が雇われにくい理由

50代、特に専業主婦の人は長い間仕事のブランクがあり、なかなかパートに決まらない、と悩む事が多いようです。

雇う側からしても、やはり社会人経験のブランク期間が長い人は、採用するにあたって高いリスクがあります。

50代という年齢や、資格を持っていないから仕事が決まらない、と考える人は多いようです。

しかしそれは少し違います。確かにそれも理由のひとつとなりますが、問題はもっと別のところにもあります。

一番大きいのは、ブランク期間が長いと社会人としての振る舞いができていない事です。

仕事のブランクが長いと、マナーの面において問題を起こしやすく、そこに不安要素がある訳です。

例えばパートとして仕事を行っているといっても、お客さんからすれば社員もパートも関係ありません。

パートも同じように、仕事の面で同等のサービスが求められます。

もしあなたの接客ができていなかったら、責任はあなたを雇った雇用主の責任にもなります。

雇う側は、そのリスクを追ってあなたを採用します。

そのため身なりや振る舞いといった、社会的なマナーができていない人は、いずれ問題を起こすので避ける傾向にあります。

またどうしても若い人に比べて仕事の覚えが遅かったりするのも、雇われにくい原因のひとつです。

そして年を重ねている分プライドが高い傾向にあるなどの部分も、マイナス評価にされがちな所となります。

50代以降の方が活躍しやすい仕事もある

一方で50代以上の方が人間的にしっかりとしていて、活躍しやすい業種もあります。

例えば家族の介護や子育てを経験してきた人なら、介護助手の仕事は若い人に比べて対応しやすいはずです。

他に50代以上は年齢の分、多くの経験を持っている人も多いかと思います。

自分の経験を活かした仕事も、現在ではインターネット上を中心に多数あるので探してみましょう。

現在は趣味や仕事のスキルに関する講師を行うことのできるサイトもあります。

webライターやブログ執筆などでその知識や体験を提供して、お金を稼ぐ事もできます。

社会人としてのブランク期間が長い人でも、在宅の仕事ならばスキルと努力する気持ちがあれば受入れてくれる所は多いです。

以上のように、自分の特技を活かして仕事探しをしてみましょう。

50代以上に適した仕事は何?

コールセンターや介護助手

コールセンターと介護助手は、未経験で資格がなくても仕事をすぐに初める事ができます。

どちらの業界も人手不足なので採用してくれる可能性は高いです。

そして自分のスケジュールに合わせて、都合良い時間に働きやすい職種なのもメリットです。

他人に対する気遣いがある人ほど、コールセンターは評価されやすい仕事です。

その為経験豊富な50代の人程活躍しているケースも沢山あり、やりがいも多いかと思います。

コールセンターの場合仕事は家庭で行う事ができるので、在宅でしか仕事ができないという人にもうってつけです。

高い報酬も見込めるので、安定してお金を稼ぎたい人には向いているでしょう。

介護助手は洗濯や利用者の話し相手など、未経験でもできる仕事内容になっています。

自分と年齢の近い人も多く働いているので、良い環境で働けることも多く続きやすいとも言われています。

マッハバイトでコールセンターや介護助手の仕事を探す

講師、webライター、ブログ執筆

前述したように、50代ともなると趣味や仕事のスキルにおいて人に教えられる物を持っている人も多いかと思います。

そのような人は講師やwebライター、ブログの執筆でお金を稼いでみてはどうでしょう。

講師とwebライターの仕事に関しては、ネット上に多数の仕事募集サイトがあるので、チェックしてみると良いでしょう。

講師の場合は「ストアカ」、webライターで言えば「クラウドワークス」や「ランサーズ」が代表的なサイトとなります。

講師

講師の仕事はエクセルの使い方といったビジネススキルに関する物から趣味全般まで、様々な講座を開く事ができます。

そして講師は人気稼業の仕事であるため、受講者が増えれば増えるほど収入が倍増されます。

人気次第では、数時間で数万円を稼ぐ事も十分に可能です。

webライター

webライターも同様にあらゆる事をテーマとした仕事があります。

しかし最初の内は単価が低いので、とにかく量を執筆して実績を作っていく事が肝心となります。

序盤のお金を稼ぐ大変さで心が折れてやめてしまう人が多いのが、webライターの問題点です。

しかし軌道に乗って来れば、世間のサラリーマンと同等に稼ぐことも可能です。

webライターについて詳しくはこちら

ブログ

ブログはクライアントがいない事が他の仕事との大きな違いであり、そのため稼げる可能性もはじめは非常に低くなります。

数年の間はほとんど無収入であることを覚悟しないといけません。

しかし一度成功してしまえば、働かなくても過去の記事が自動でお金を稼いでくれるようになります。

クライアントがいないので報酬も天井知らずであり、毎月数千万円稼いでいる人もいる程です。

豊かに老後を過ごしたい人は、ブログで一髪成功を狙ってみるのも良いかもしれません。

本業の合間に副業でやっても良いでしょうね。

50代のブログ運営について詳しくはこちら

50代に求められる仕事まとめ

50代が仕事で雇われにくい理由と、逆に50代の方が活躍できる可能性のある仕事を紹介してきました。

自分の事情や性格に合った仕事を選ぶことで、活躍できるチャンスは逆に50代の方が高い場合も大いにあります。

まずは自分の適性を一度考えてみて、自分にあった仕事を真剣に探してみると良いでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA