【2021年】スキマ時間におすすめしたい副業!WEBライティングについてプロが解説!

2019年、働き方改革の発表から2年が経ちました。

政府が副業を全面的に解禁したことにより、会社員の稼ぎ方に変化がみられます。

せどり、ポイ活、アフィリエイト、副収入を得る手段は多岐にわたり、本業のかたわら稼ぐ人も増えてきました。

本記事では「今の給料だと少なすぎる」「空いた時間に稼ぎたい」と、不満をかかえている会社員におすすめしたい副業、WEBライティングについて紹介します。

ノマド、フリーランスになったら読みたい記事一覧はこちら

WEBライティングとは?

WEBライティングは読んで字のごとく、「WEB上で文章を書く仕事」です。

例えば、個人ブログで好きなテーマの記事を書いたり、WEBライターとして依頼をうけて執筆したりがあげられます。

書くという行為の広義として「WEBライティング」と、一括りに言われますが、具体的にどんな種類があるのかについてまとめました。

WEBライティングの種類

WEBライティングの仕事の種類は、みなさんが想像するよりもたくさんあります。

例えば、Twitterでの140文字のツイートも広い意味でWEBライティングに当てはまります。

副業アプリ「クラウドワークス」でライティングの仕事を検索すると、こんな内容の仕事がありました。

・キャッチフレーズやコピーライティング

・ブログ記事作成

・レビューや口コミ

・編集、校正、リライト

・セールスコピー

・シナリオ作成

・書籍の編集

・メルマガ、DM作成

「長文の記事を書くのは苦手だけど、キャッチコピーならエモいの書けるよ!」

「シナリオ制作って楽しそう」

など、仕事の幅が広いWEBライティングは、自分の得意分野や興味のあるジャンルで勝負できます。

WEBライティングの始め方

WEBライティングを始めるには、大きく2つのパターンがあります。

「自分でブログを運営する」または「WEBライターとして仕事を受注する」がメジャーです。

どちらもお金をかけずにできるので、未経験者でも始めやすいといえるでしょう。

自分のブログを開設する

ブログの1番のメリットは「不労所得になるため、働き続けなくてもブログで勝手に収益がでる」点です。

初め方は簡単で、以下の流れの通り動けば、1日程度でブログができます。

以下、ブロガー使用率ナンバーワンのWordpressでブログを作成する流れです。

STEP1 サーバー・ドメインの申し込み(ロリポップ!ムームードメインなど)

STEP2 Wordpressの初期設定

STEP3 ブログ解説

STEP4 記事の投稿

STEP5 広告の設置(ASP、GoogleAdpsenseなど)

はじめてブログつくるのは結構骨が折れるので、ブログ解説の記事をみて手順を確認しましょう。

またYouTubeにも、サイト開設を細かく解説している動画がアップされているので、参考になると思います。

WEBライターとして仕事を受注する

「即金性が高くて、安定した副収入を得たい」という方は、WEBライターをおすすめします。

仕事の受注方法は大きくわけて2つあります。

  1. 副業アプリ「クラウドワークス」「ランサーズ」で仕事を受注する
  2. ライターを募集している企業や個人に営業をかけ、直接案件を受注する

どちらも未経験でもできますが、おすすめは副業アプリです。

直接案件の場合、振り込みまで時間がかかったり、請求書作成の手間がかかったりします。

まずは副業アプリでWEBライターってどんな仕事か体験してみるといいでしょう。

副業するならWEBライティング!メリット・デメリット

「こんなメリットがあるなら、もっと早く知りたかった」と思うような、WEBライティングを副業にすすめする理由をまとめました。

WEBライティングをはじめるにあたり「なんか思ってたのと違う」といった、イメージとのギャップからの挫折をなくすため、デメリットもあわせて紹介しています。

Webライティングのメリット

副業ライター・ブロガーの先輩が、「WEBライティングを副業にしてよかった」と口をそろえて言うメリットはこちらです。

  • 隙間時間で作業ができるので、本業の休憩時間や通勤時間をうまく活用できる
  • 要約力がつき、本業でも業務連絡や引継ぎがスムーズにできるようなった
  • 自分ひとりの力で稼げた、という自信がついた
  • 「いずれはフリーランス」という将来の目標ができた

知識や技術が本業にも活かせるうえ、収入源にもなるのは会社員にとってはありがたいですね。

天井が決まっている本業を抜け出せるかもしれない、という将来の希望をもてる点でも副業に押したい理由です。

Webライティングのデメリット

もしかしたら、WEBライティングをはじたての方は「思っていたのと違うと」がっかりするかもしれません。

挫折しないためにも、以下の、WEBライティングにおける欠点を把握しておきましょう。

  • 始めたては、思うように稼げないことも……
  • 時給換算でなく文字単価、または成功報酬型なので収入が不安定
  • 未経験も参入しやすい副業分野で競争が激しいため、スキルアップが必要

上記にあげた、デメリットをみて「え~じゃあアルバイトしたほうがいいじゃん」という意見を持つ方もいるのではないでしょうか?

大丈夫です!欠点をすべて解消できる方法があります。それは「継続」です。

帰宅後30分、パソコンで執筆してみる。通勤時間にTwitterでライター・ブロガーの呟きをみる。

ちょっとでいいので、隙間時間をWEBライティングに意識を向けてみて下さい。

3か月後にはWEBライティングを始め、継続できた自分に感謝するでしょう。

一生涯、稼げる力を身につけたいならWEBライティングは最強といえます。

ただ1点だけ、副業としてWEBライティングをしようとする人に注意してほしいことがあります。

WEBライティングが儲かりすぎて、本業辞めたい……そんな気持ちになると思います。

副業もほどほどに(笑)

webライターの始め方についてはこちら

webライターの単価アップ、スキルアップについてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA