初心者webライターはまずは月3万円を目指せ!ライターとして仕事を獲得していく方法

2020年に起きたコロナ騒動もあり、テレワークによって自宅で働くことのできる仕事の需要は増えています。

職を失ってしまった人から、自宅勤務の合間に副業を行いたい人まで、自宅で働く事情は様々です。

そして現在では、インターネット上で誰でも仕事を探すことのできる環境が整ってきています。

webライターは特別な資格が必要なく、プログラミングのような専門的なスキルも必要とされません。

未経験の初心者でも比較的初めやすい仕事となります。

しかしだからといって、今すぐwebライターで稼げるという訳ではありません!

今回はwebライターの仕事をこれから始める、またはなりたての人を対象にお金が稼げるようになる方法を紹介していきます!

ノマド、フリーランス向きの職種について一覧はこちら

webライターとして、仕事を探していく方法はこれだ!

webライターはすぐにでもなれる

先述したように、webライターになるには資格が要りません。

なので今日からいきなり、「自分はwebライターです」と名乗っても、何も問題はありません。

遠慮なく様々なクライアントに提案をおこなって、仕事を獲得していきましょう。

とはいえまったくの未経験だと、殆どの人は仕事をもらえる当ては無いことでしょう。

そもそもどうやって仕事を獲得していくのかさえ、見当がつかないかと思います。

以前は多くの人がライターを志してはこの最初の段階で仕事がまったく見つからず、挫折して諦めてしまっていました。

しかし今は違います。

現在はクラウドソージングとして仕事をもらえる環境が整っています。なので誰もがwebライターとして稼いでいくことが可能となっています!

クラウドソージングで仕事を探そう

webライターの仕事をやってみたいという気持ちさえあれば、始めるための敷居は非常に低いです。

なので初めはなにはともあれ、行動してみましょう。

webライターとしての仕事を探す場合、クラウドソージング専門のサイトを利用することをおすすめします。

クラウドワークスやランサーズ、後は少しマイナーですがBizseekなどのサイトが、特にお勧めです。

ランサーズとクラウドワークスには初心者でも歓迎している仕事の案件が沢山あります。

すぐにでも仕事を見つけ、webライターとしてのスキルを磨いていくことが可能となっています。

稼いでいくためにステップアップしていく方法

最初は単価が安くても仕事を受けよう

クラウドワークスやランサーズで登録を行ったら、まずはどんな仕事が募集を行なっているのか確認してみましょう。

「ライター」と検索ボックスに入力すれば、候補となる仕事案件が画面に一斉に表示されます。

webライターの仕事は、1文字につき何円、という文字単価での報酬形態であることが多いです。

たとえば2000文字の記事の執筆依頼があり、1文字1.5円だとすれば、その記事の報酬は3000円ということになります。

クラウドソージングでは、概ね0.3円〜3円あたりの仕事の募集が置かれています。

しかし文字単価の高い記事は医療や法律についてなどの、専門的な知識が要求されるものが多いです。

なので一般的には多くのライターは1円〜2円内の仕事に応募することになります。

しかし実際に応募してみれば分かるのですが、様々な募集に提案のメールを送ってみても、なかなか返信を貰うことはできません。

10個の仕事に応募して、ひとつかふたつの返事が来ればいい方かと思います。そしておそらく、文字単価1円未満の案件からの返信が多いかと思います。

文字単価0.3〜0.5円の案件で仕事を受けていては、とてもwebライターとして生活していくことはできません。

しかし、まだ始めたばかりでwebライターとしての何の実績もない人には、安い仕事しか回ってこないのが現実です。

なのではじめのうちは、安い仕事でもどんどん引き受けていくことをお勧めします。

仕事で作った記事は、他のクライアントに提出できるポートフォリオとなります。

なのでまずはお金よりも目に見える形で実績を作っていくことが肝心です。

クライアントに信頼される努力を

初めのうちは月数万円稼ぐことも一苦労です。

そうなると、いつまで経ってもライターとして生計を立てていけるようにはなれないかもしれない、と思う事も多いでしょう。

しかしそれは、大勢の人が通ってきた道なので安心してください。

月数万円を稼げるようになったら、あなたはwebライターとしてもう初心者ではありません。

本格的に仕事を依頼されるスタートラインに立てたと思って間違い無いです。

あなたにはもう何件も仕事を完成させてきたという実績が残り、クライアントに対して提出できるポートフォリオがあります。

これなら文字単価1円以上の案件でも受けられる見込みが十分にあります。

あとは片っ端から仕事を受注し、とにかく数をこなしていきましょう。量をこなすことで記事の質も高まっていきます。

ただし自分のキャパシティを超えた量の仕事を受けると、それぞれの仕事の質が低くなってしまいがちです。

あくまでも自分のこなせる範囲内で行うことが肝心です。

次の仕事を受けれるかどうかは、納期を遵守し仕事の質を保ってクライアントから信頼される関係を築けるかどうかです。

これがもっとも肝心な所となります。

webライティングのスキルを上げよう

高い単価の仕事がしたいならライティングスキルを高めるのは必須です。

文章力の高さはもちろん、構成力、SEO知識、ワードプレス入稿スキル、リサーチ力、ライティング速度、などなど高単価に結びつくスキルは沢山あります。

最低でも誤字脱字をしない、文章の歪みが無い、適切に句読点が使える、などは文字単価1円を超えるには必要でしょう。

依頼する側からするとそこらへんが最低基準になります。

どんな仕事でもそうですが、webライティングで食べていこうと思うなら弛まぬ学習の姿勢が大事です。

まとめ

フリーランスとして始めたばかりの仕事は単価も安く、仕事の仕方も分からないので苦労することばかりかと思います。

実際にwebライターとして仕事を始めたものの、すぐに辞めてしまう人の割合は80%あたりと言われています。

資格が必要なく家で仕事できるからと、安易な気持ちで始める人にとっては厳しい世界であることは事実です。

しかし初心者の状況を乗り切ることができれば、自分のペースで仕事をし、お金を稼ぐことができる環境を築くことができます。

なのですぐに辞めてしまうのはもったいないと私は思います。

より自分に合った仕事の仕方、生活を築くために、まずは初心者脱出を目指してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA