webライターになるには?生活できる?解説!転職を考えている人は注目!

現在の日本では、同じ職場で、一生安定して仕事を行っていくことが難しくなってきています。

そんな環境の中で、うっすらとでも転職してみようかな、と考えたことのある人は多いと思います。

しかし転職経験がなく、未経験の業界で自分が仕事をこなせる自信がある人はそこまで多くはありません。

結果多くの不満があったとしても、同じ職場で働き続けている…という状況になってしまいがちです。

ここではそのような人を対象に、webライターとしてお金を稼いでいく方法を紹介していこうと思います。

webライターとして仕事を獲得していくには

まずは副業から!webライターを始めてみよう

現在の仕事に不満があり、転職ができるならしてみたい。

しかし実際に転職するのはリスクが高いし、貯金もないので心配だ‥という人は、webライターを志してみましょう。

会社勤めで記事を書いている人もいますが、多くのwebライターはフリーランスという形態で仕事を請け負っています。

そしてwebライターには特殊な資格も必要ないので、今からすぐにでも仕事を行うことができます。

なので、もし職場が副業禁止でなければ、まずは月3〜5万円を稼ぐことを目標に、webライターの仕事を行ってみましょう。

クラウドソージングで仕事を獲得しよう!

インターネット上で記事を書く、というのがwebライターの仕事ですが、そうはいっても未経験だから仕事のやり方が分からない。

そもそも仕事をもらえる当てがない、と思ってしまうかもしれませんね。

しかしSNSがあたり前となっている現在、webライターの仕事をインターネットで頼みたい人は沢山見つかります。

そしてひとつの仕事を通してまた新しい仕事を獲得していくことは、PCさえ使えれば誰でも可能になっています。

クラウドソージングを専門とした、仕事募集のサイトも沢山あります。なのでまずはそのようなサイトを利用してみることをお勧めします。

webライターの場合、まずはクラウドワークスとランサーズ、Bizseekというサイトをチェックしてみると良いでしょう。

フリーランスwebライターに向いている人の特徴

孤独に耐えられる人

副業のうちは問題ないですが、本格的に稼いでいこうと思った場合、孤独に耐えられるかどうかが非常に大事になります。

フリーランス として仕事をする場合、会社のように毎日話し相手がいるような環境ではありません。

一日中ずっとPCを前にして文章を書き続けていくことになります。

その孤独さに耐えられるかどうかは、非常に重要になります。

孤独に慣れて耐性がつくという人はあまりいません。

独りでの作業に向いているかどうかは、生来の性格の向き不向きによって決定されるといって良いでしょう。

孤独に耐えられない場合は、結婚していて家に話し相手となる家族がいれば安心と言えます。

他にも普段からLINEでメッセージを頻繁に送りあったり、定期的に電話したり遊んだりする相手が身近にいる人も大丈夫です。

しかしそうでなければ、仕事を続けていくのは正直きついかもしれません。

自己管理をおこなえる人

フリーランスとして生活をしていくためには、なんでも自分で管理して、こなせるようにならなければなりません。

たとえばあなたが風邪をひいたとしても有給は取れませんし、仕事をカバーしてくれる人もいません。

普段から定期的に運動をしたり食事に気を使ったりして、精神的にも肉体的にも健康を保っておく必要があります。

また、確定申告をはじめとするお金の管理についても、すべて自分で勉強して行っていかなければなりません。

独立前までは、お金まわりのことは今まで会社にまかせっきりである人はとても多いです。

なので、経験したことのない作業ばかりとなってしいく、苦労する事も多いです。

フリーランスとして独立後は、環境の変化による慣れないことの多さに戸惑うことになります。

しかし適性のある人は、慣れてくれば職場での仕事よりも遥かに快適な環境で仕事をすることができるようになるでしょう。

まとめ

現在の職場環境に多くの不満を抱いているものの、転職する勇気やスキルがない。

そのような人を対象に、webライターとしての仕事の仕方を紹介していきました。

まずは副業で数万円稼いでみて、やっていけるという確信が持ててから独立してフリーランスとして活動してみましょう。

そうすれば低いリスクで、現在よりも不満のない仕事スタイルを得ることが可能になるかもしれません。

現在は努力を惜しまなければ、低いリスクで仕事をおこなえる環境がインターネット上に整っているので、少しでも気になった方はまずは試してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA