noteの特色やアフィリエイトの方法は?稼げる?適した稼ぎ方もまとめて解説!

インターネットを使った稼ぎ方として活用している人が多いnoteはブログに似ているといわれますが、アフィリエイトに関しては不便かもしれません。

一見、pvも集めれそうだしアフィリエイト乗せれば稼げるんじゃない?と思いますがアフィリエイトをやるには欠点があります。

と言うことでこの記事では、noteの機能の特色やブログとの違いやアフィリエイト方法の問題点、適した稼ぎ方など解説していきます。

noteはブログと似た機能を持つサービス

note https://note.com/

ノートはサービスの機能はブログと似ているのですが、収益化に適した機能があるという独自の特色が備わっています。

ワードプレスやはてなブログ、通常のwebサイトとは勝手の違う独特なサービスです。

収益化以外にも機能上で相違点があるので、利用する際に気をつけましょう。

noteの特色は収益化しやすい機能を持つ

基本的機能としてブログと同じようにテキストを投稿できるほかに、短文・音声・動画・画像なども投稿できるようになっています。

独自の特色として投稿したものを無料で公開するか有料で公開するか選ぶことができ、難しい操作をせずにコンテンツを収益化させることが可能です。 

通常のブログと違いアフィリエイトなど準備しなくても、noteだけで元から集金する仕組みが備わってるんですね。

加えてサーバーやワードプレスを自分で用意しなくても良い、というのもメリットでしょう。

noteはブログとは機能上で違う点もある

noteは機能上でデメリットともいえる不便なところがあります。

デザインの選択肢がない・有料会員じゃないと独自ドメインがなくSEOに弱い、という点を持っているのです。

対し、ブログは無料でもデザインを自分で選ぶことができますし、独自ドメインも利用できるのでSEOにある程度強みがありGoogle上位に表示されるチャンスがあります。

ブログがデザインを選べる・SEO対策に強いという点に対し、noteにはそれがないことが相違点となるでしょう。

提携可のアフィリエイトはAmazonのみ

noteはアフィリエイトサービスとの提携に厳しく、いま利用できるサービスはAmazonアソシエイトのみです。

アマゾンアソシエイト以外のアフィリエイトはほぼ禁止されてます。

利用するためには必要な作業があり、実際に行う場合も気をつけながらしなくてはなりません。

基本的にブログと同じような運用は出来なく、noteは有料記事の販売サービス…と別物と思った方が良いでしょう。 

noteで提携するにはAmazonIDが必要

amazonアソシエイトを貼ることは出来ますがnoteはあまり推奨してません。

またamazonアソシエイトIDを登録して設定する必要があります。

noteでアマゾンアソシエイトをやるくらいなら、ブログを解説してそっちでやった方が良いでしょう

下は一応簡単なやり方です。

簡単なアマゾンアソシエイト設定の手順

AmazonアソシエイトはAmazonの取り扱い商品を紹介できますが、提携するには最初にアカウントを作りIDを取得することが必要です。

サイトの無料アカウント作成ボタンを押して項目を入力したら、審査の申請をしてアカウントを取得しましょう。

 Amazonアソシエイトを使いサイトに広告を載せる方法は、Amazonのサイトにあるマイページから作業を行います。

商品を探してリンク作成のボタンを押すとリンクを取得できるので、自分のサイトに貼り付ければ作業完了です。

noteでのアフィリエイトの問題点

運営側はサイト内でのアフィリエイトについて、全面的に推奨している様子はありません。

唯一認められているAmazonアソシエイト経由であっても、積極的なアフィリエイトの動きが目立つと目をつけられる可能性があります。

規約に違反していなくても動きが活発だと、運営側に通報や注意などされることがあるためです。

あまり積極的な活動はしないようにして、抑え気味に行いましょう。 

noteの適した稼ぎ方は有料化と投げ銭

有料で公開する機能を使ってコンテンツを有料化することが、稼ぎ方として適しているでしょう。

収益化機能のひとつであるサポート機能の活用も、稼ぎ方の一環としておすすめです。

noteで課金制の特定コンテンツを作る

コンテンツを有料で公開する機能は、課金制にしてお金を払ってくれた人だけが見られるようになっています。

お金を払ってでも見たい!と思う特定のコンテンツを作り、公開は課金してくれた人だけにすれば売上の85%が自分の報酬分としてもらえるのです。

要するに有料記事販売サービスみたいなものですね。記事にリンクを貼ってデータを販売することも出来ます。

価値の高い記事を作って、売れるようにできれば大きく稼ぐこともできるでしょう。

ノウハウ系やソフトウェア抱き合わせ系が多いですね。

値段については最安値は100円、最高値は10,000円まで設定できます。

得意分野やスキルをコンテンツ作りに活かして、課金制での公開にチャレンジしてはいかがでしょうか。

読者に資金サポートしてもらう

サポート機能は閲覧者がお気に入りのクリエイターを応援できるシステムとなり、クレジットカードでクリエイターに対して課金ができます。

クリエイターのサポートは、無料公開しているサイトについている機能です。

サポートを受けるには熱心なファンを作らなくてはいけませんが、応援してくれるファンがつけば収益としてのメリットが期待できます。

閲覧者のためになるコンテンツ作りを心がけて、自分のファンを増やす努力をすることが重要です。 

noteのメインの稼ぎ方はアフィリエイト以外で

noteで可能なアフィリエイトはAmazonアソシエイトだけで、積極的な活動も要注意となるためサブの稼ぎ方にとどめた方が良いでしょう。

メインで稼ぐには収益化機能を使った課金制のコンテンツ公開・閲覧者からのサポートを重視する方法が向いています。

基本的には有料で記事を売るサービスだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA