フリーランスとは?どんな仕事してる?リアルな声を交えて解説します。

フリーランスとはどんな仕事をしているのか気になりますよね。

フリーランスとひとくくりでいっても、実は4種類あります。

また、フリーランスで仕事をするメリットもあればデメリットもあり、誰でもフリーランスのほうがいいとは一概に言えません。

本記事では現役フリーランスの経験談を交えながら、フリーランスの仕事について解説していきます。

フリーランスとはどんな仕事なのか

実際の姿が中々わかりづらいフリーランスとはどんな仕事なのかを

  • フリーランスの働き方
  • フリーランスの業種

に分けて解説していきます。

フリーランスの働き方

フリーランスとひとくくりでいっても、実は3種類の働き方があります。

① 副業系フリーランス(会社員)

平日は会社員として働きながら、仕事終わりや土日にフリーランスとして働く人のこと。

安定収入があるのが強みですが、単純に休日が少ないです。

仕事場所は平日会社、土日は家やカフェが多いですね。

また、確定申告をする必要がない範囲の収入にとどめている人が多いです。

②無所属系フリーランス

いわゆる「フリーランス」としてイメージできる、企業との雇用関係がない人のことを指します。

フリーランスとはまた別ですが、多くのテレビ局で出演しているフリーアナウンサーをイメージするとわかりやすいでしょう。

孤独を紛らわすためや、収入の足しなど理由は様々ですが副業でアルバイトをしてる人も多いです。

仕事場は自分の事務所、家、カフェ、コワーキングスペースなどが多いです。

雇用関係はなく、あくまで都度都度に依頼を受けて仕事をこなすという形です。

あるのは案件の契約書くらいですね。

会社員と違い、自分で探さないと仕事はないので営業力が重要になってきます。

③自営業オーナー

個人経営の喫茶店や、弁護士事務所のオーナーといった人たちを指します。

広義の意味としてはフリーランスと言えるかも知れません。

自営業とフリーランスの境目は曖昧です。店舗を構えてるかどうかの違いでしょうか。

意外と身近にフリーランスがいることが、想像できますよね。

フリーランスの業種

フリーランスの業種は以下のようなものが多いです。

  • エンジニア
  • プログラマー
  • イラストレーター
  • デザイナー
  • Webライター
  • ブロガー
  • コンサルタント
  • Youtuber
  • フォトグラファー

ざっくり言いますと

自分の技術や経験を生かしながら家や喫茶店などでパソコンを使い自己責任で仕事を行っていく

といったことが求められる職種が多いです。

特にWeb系は景気に左右されにくいので、需要も人気も高まってきています。

フリーランスで仕事をするメリット・デメリットとは

フリーランスで仕事をするメリット・デメリットとはどのようなものでしょうか。

気楽なイメージの強いフリーランスですが、良い点も悪い点ももちろんあります。

自由業系フリーランスとしてWebライターで働く知人の生の声を交えながら、紹介していきます。

フリーランスのメリット

フリーランスで働くメリットは、以下の3つです。

  • 自分の得意を生かせて、やりがいを感じる
  • 成果が収入に直接つながるので、成長を実感できる
  • わずらわしい人間関係を減らすことができる

特に人間関係に関するメリットは大きいのではないでしょうか。

会社員として働いていますと

  • 嫌な上司や同僚からの飲みを断ると、評価が下がる
  • 閉塞的な空間で、パワハラを受ける
  • 強引な営業や接待を受けても、会社のためと割り切る

といった場面に出くわすでしょう。

特に昨今では、精神疾患を患う人が15人に1人と言われており、そのうちの大半が「仕事での人間関係が原因」です。

フリーランスでも無茶な要求を出されたり、合わないクライアントがいたりしますが、断ることができるのが強みです。

仕事を進めるうえでのストレスが減るのは、大きなメリットと言えるでしょう。

フリーランスのデメリット

一方でフリーランスにもデメリットがあります。

  • 収入が安定しない、序盤は収入が少ない
  • 確定申告や税金の支払いを、自分で行う必要がある

といった、金銭面でのストレスが大きいことです。

特にフリーランス1年目は、報酬が少なかったりほかの応募者に負けたりするので、どうしても収入が下がってしまいます。

また、ここ1~2年でフリーランスになる人が増えたのもあり、各案件の単価は以前より下がってきています。

案件が取れないだけではなく、業界全体としての単価が安くなっていることも収入が少ない原因です。

特にwebライターやイラストレーター、アニメーター系の単価減少が目立ちますね。

ちゃんと報酬を出す依頼を探す、営業力が重要になってくるでしょう。

もちろん稼げる人もしっかり沢山いますが、初めたての経験の少ないうちは覚悟が要ります。

まとめ

本記事では、フリーランスの仕事内容と、メリット・デメリットを紹介しました。

フリーランスは自分のスキルで報酬が決まるので、成長を実感できるだけでなく、人間関係を選んで仕事ができるのが強みです。

一方で金銭面的なストレスは、特に序盤は避けて通れないでしょう。

本記事が、フリーランスを検討しているあなたの参考になれば、私は幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA