フリーランス初心者へ!案件受注のコツと注意点を解説!仕事はどこで見つける?

フリーランス初心者で「案件がなかなか受注できない」という人も多いのではないでしょうか?

フリーランス初心者が案件を受注するためのコツは、実はあります。

一方で、初心者なのをいいことに、だますような案件もたくさんあるので注意が必要です。

商売の世界は食うか食われるか…魑魅魍魎…な世界観の人たちもいるのです…!

本記事では、フリーランス初心者の案件の探し方や注意点を解説します。

フリーランス初心者が案件を受注するコツ

フリーランス初心者が案件を受注するコツは、以下の3つです。

  • 自分の経験や実績を活かす
  • 気になった案件はすぐに応募する
  • 企業がクライアントの案件を狙う

自分の実績や経験を活かす

まずは、自分の実績や経験を活かすことです。

専門知識や経験は何よりの強みになります。

専門的であったり、コアな話題だったりするほど

  • 単価が高い
  • 競争相手がさほど多くない

といったことで、高単価の案件を受注しやすくなります。

例えば、筆者の知人でWebライターをしている人は、コンサルティングファームの転職面接を受けた経験がありました。

転職面接を受けた経験を活かし「コンサルティングファームへの転職方法」という記事に応募したところ、今までの2倍の報酬をもらうことができたとのことです。

コアな部分がかぶっているような案件はチャンスです!ぜひ応募しましょう。

クライアントの期待を満たすような、しっかりしたクオリティのものを納品すれば、継続案件にも繋がることでしょう。

気になった案件はすぐに応募する

フリーランスがよく使う「クラウドソーシングサイト※」では、気になる案件があれば「気になるリスト」に入れることができます。

※(クラウディアやクラウドワークス、ランサーズなどetc)

しかし、気になるリストは見返すことはほぼありません。

そして、見返したとしてもすでに募集が終了していることもあります。

フリーランスこそ、行動力が大切です。

少しでも気になったら、その場で応募しておきましょう。

頭の中で「林先生がアドバイザー」と考えておくのもいいですね。

企業がクライアントの案件を狙う

後ほど詳しく紹介しますが、クライアントにも当たりはずれがあり、中にはかなりいい加減な人もいます。

連絡が中々つかなかったり、良い感じにやっといて!だけの雑な注文だったり。

しかし、企業が外注して募集している案件でハズレなことはあまりないです。

なぜなら、企業のブランドイメージにも関わってきますし、あらかじめ予算が確保されているためです。

そのため、継続案件も多く固定収入を生み出すことができます。

また、企業案件を受注した実績があれば、よりいい条件の案件に応募するときにアピールポイントになります。

フリーランス初心者が案件を選ぶ注意点

 

一方でフリーランス初心者が案件を選ぶときに、注意したいポイントは以下の2つです。

  • 異常に安い案件
  • 高額商材への誘導

異常に安い案件

1つ目は「異常に安い案件」です。

丁寧に指導する分の費用と称して、安めに設定している案件もあります。

説明文に「添削指導します」といったことが書かれている案件は、大半が指導してくださるでしょう。

しかし、注意したいのは「テストと称して安い金額で働かせ、全員不合格にする」という案件があることです。

口コミだけではあまり分かりませんので、異常にテストだけ安い案件は避けておいたほうが無難です。

また激安案件のクライアントほど注文や文句が多い…と言うのはよくある傾向です。

高額商材への誘導

初心者向けの案件で意外と多いのが「高額商材への誘導」です。

先ほど紹介したWebライターフリーランスの知人も、過去に高額商材の勧誘をされたことがあるとのこと。

  • これを買えば、今より10倍稼げますよ
  • これを買えば、働きやすくなること間違いなしです

ぶっちゃけていうと、そんな楽なものはありません。

そんなものがあるならそれで稼いで他人に情報を渡したりしません。

120%詐欺か見合った価値はありません。

どうせちょっとググればその辺に落ちてるような中身です。

特に今だけ!とか後〜時間だけ!とか時間を煽り文句があったら確定です。

それよりは同じ仕事で稼いでる先達のブログでも熟読した方が、よっぽど為になるでしょう。

高額商材の話が出てきたら、必ず断るようにしましょう。

まとめ

本記事では、フリーランス初心者が案件を受注するコツと注意点を紹介しました。

フリーランス初心者でも、本記事で紹介したコツをつかんでおけば、高単価な案件を受注することができます。

一方で、初心者をだますような案件も悲しいかな、多いですので注意してみておきましょう。

本記事が、フリーランス初心者の助けなれば、私は幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA