ノマドやフリーランスで自由な生き方がしたい!なるために必要なこととは?

自由のイメージ

会社員という働き方を辞めて、ノマドやフリーランスとして自由な生き方をしたいと希望する人は年々増えています。

希望する働き方ができる立場になるためには、適した仕事や業務用の道具など準備なければなりません。

今回は新しい働き方や生き方を模索している方に向けて、ノマドやフリーランスになるために必要なことを解説していきます。

ノマド、フリーランスになりたい人向け記事一覧はこちら

ノマドやフリーランスの生き方をできるようにするには

自由のイメージ

「会社を辞めてノマドやフリーランスになりたい」と思っても、仕事がなければ実現するのは難しいです。

会社に頼らずに自分の裁量で働く生き方を叶えるには、会社員を辞める前に働き方が選べる仕事と必要になる道具を準備しましょう。

安定収入がある内に独立するための計画を進めておくことで、希望の実現へと近づいていきます。

働き方が選べる仕事を持つ

事務や営業でもリモートワークが可能な求人がありますが、ノマドやフリーランスを目指すなら働き方が選べる仕事を持ちましょう。

働き方のパターンが色々ある仕事としておすすめなのは、 Web 関連の職種や専門性の高い職種です。

  • Webライター
  • Webデザイナー
  • webエンジニア
  • 動画編集
  • 翻訳・通訳

上記の仕事は知識や経験がないと案件を獲得しにくいため、勉強やクラウドソーシングを利用して実績を作るようにしてください。

報酬単価が高い仕事を狙うならば、Web エンジニアと動画編集が向いています。

2つの仕事は需要があるのに人材不足という状況なので、やり方次第で会社員時代よりも稼げるようになるかもしれません。 

いずれの仕事を選ぶにしても、必要なスキルはつけておくべきです。

おすすめの社会人エンジニアスクール3選はこちら

おすすめの動画編集スクール

クリエイターズジャパンの評判はこちら

ノートパソコンなどを用意する

会社勤めをしないで自由に働くためには、用意しなくてはいけないものがあります。

バックの中に入れて持ち歩けるノートパソコンは作業やクライアントとのやり取りのために、どの仕事でも絶対に欠かせないアイテムです。

パソコンで使うためにインターネットができなくてはいけないので、Wifiもなくてはいけません。

クライアントとの緊急の連絡は電話を使うことになるため、スマートフォンも仕事で必要となることが多いでしょう。

カフェやシェアオフィスで作業をする場合にWifiはいりませんが、ノートパソコンとスマートフォンは用意しておきましょう。 

メリット豊富な生き方にもデメリットは存在する

メリットデメリット

会社で働く場合と比べてみると、ノマドやフリーランスの生き方はメリットが豊富に見えます。

実際に良い点が多い働き方ですが、デメリットになる面も多いのです。

会社を辞めて独立したときに困らないように、問題点にも目を向けましょう。 

良い点はいろいろな面で縛られない

ノマドやフリーランスはクライアントと仕事の契約をしても、勤務時間や作業する場所について縛られないことがメリットでしょう。

クライアントとの仕事は時給払いの契約ではなく、案件を納品したら報酬がもらえる契約になっています。

頼まれた業務を完成させられるなら働く時間帯は問われず、午後から仕事をするなど自分で決められるのです。

仕事に使うパソコンとスマートフォンがありインターネットが使えれば、作業をする場所も自分のしたい場所でして構いません。

仕事は個人で請負い行うことになるので、人間関係のことで悩まずにすむという良さもあります。 

悪い点は立場などが不安定になる

社会的な立場では自営業となるノマドやフリーランスは、世間的に見ると不安定な立場になります。

一体何の仕事をしているか分からないと思われるため、怪しい仕事をしている人とのイメージを持たれやすいです。

組織に所属していない働き方になると、賃貸住宅・お金の融資・クレジットカードなどの審査が通りにくくなります。

職業や経済状況の審査があるものについては、会社員である内に受けておくようにしましょう。 

収入も時給・月給払いではないので、安定して稼げるようになるまでが大変です。 

案件の受注量次第で毎月入ってくる収入にも波があり、生活するためのお金のやりくりに頭を悩ませることになるかもしれません。

お金についての備えとして会社を退職する前に、1年程度は暮らしていける貯金を作っておくことがおすすめです。

ノマドやフリーランスの生き方が成功するかは自分次第

組織に所属して働いている人は縛られることが多いので、ノマドやフリーランスの生き方に憧れてしまいます。

自由に仕事ができるというのが何とも魅力的な働き方ですが、デメリットの部分を見るとチャレンジするべきか悩むところです。

自分が試して成功するのか結局は自分次第であり、やる気と根性があるのかが夢の実現を左右します。

社会的立場や収入面が不安定という問題は、やり方次第で早く解決することが可能です。

自営業でも開業届を出している人と出していない人だと、信用の度合いが大きく違ってきます。

開業届を出して仕事をすることにより、出していない人よりも社会的信用が高くなります。

「働き方が選べる仕事を持つ」の部分でクラウドソーシングの利用を紹介しましたが、収入面を安定させるのにも役立つ方法です。

会社で仕事をしながら並行してクラウドソーシングで仕事を受注し、月に10万円以上稼げるようになりましょう。

副業の段階である程度稼げるようになれば、独立して専業になったときに暮らしていける分の収入を得やすくなります。

副業時代から信頼できるクライアントを何人か見つけておくと、独立した際にも引き続いて仕事を回してもらえるでしょう。

工夫次第でデメリットは解決することができるので、「自分には無理かも」と諦める必要はありません。

仕事の力をつけてノマドやフリーランスになってみよう

ノマドやフリーランスになるには働き方が選べる仕事を見つけて、その方面のスキルを頑張って身につけましょう。

仕事に使う道具はノートパソコン・ wifi スマートフォン程度なので、初期費用のコストは大してかかりません。

自由な働き方である代わりに不安定という問題もありますが、対策と準備をしておけば乗り越えられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA