フリーランスwebデザイナーの年収と増やし方、実際のライフスタイルとは?

デザイナーという職種の中でも、webデザイナーは日本の正社員の中でも平均年収が高い部類の職種に入ります。

しかしフリーランス として独立した場合、収入面はどうなってしまうのでしょうか?

ここではフリーランスwebデザイナーの実際の年収及びその稼ぎ方、そして生活のスタイルについて解説していきます。

フリーランスwebデザイナーの年収は?

フリーランスwebデザイナーの平均年収

正社員として働いているwebデザイナーの平均年収は300〜500万円程と、一般よりも少し高めの年収を貰っていることになります。

しかしこれがフリーランスのwebデザイナーともなると、250〜400万円ほどとなり、正社員よりも大きく平均年収が下がってしまうこととなります。

年収が大きく下がる理由として、フリーランスの多くはクラウドソージングで仕事をとってくるといのがあります。

クラウドソーシングは、手数料が差し引かれてしまうというのが大きいんです。

自分で営業をおこなって仕事を獲得出来るようになればクラウドソージングよりも高い収入、場合によっては会社員よりも高収入が期待出来るでしょう。

ですが仕事を獲得するようになるまで多大な時間と労力を使うことになります。

またフリーランスwebデザイナーが実際に仕事をおこなうとき、依頼主の希望に沿ったデザインにするため、繰り返し話し合いをおこなう必要があります。

そして実作業に入った後も度重なるリテイクが発生するため、ひとつの案件にどれだけの時間を取られてしまうのか、いまいち把握しにくいところがあります。

何度リテイクを重ねたとしても、当然その案件で貰える報酬額は増えたりはしないので、新人時代は特に苦労することとなります。

年収の範囲は100万以下から1,000万以上

平均年収は250〜400万円ほどですが、フリーランスなので当然その人の腕次第で収入はまったく変わってきます。

とくに実績のない独立当初は100万円以下になることも珍しくなく、webデザイナーだけで生活をしていくのは困難を極めるといって良いでしょう。

一方でトップレベルの人たちは1,000万円以上の収入を稼ぎ出したりする人もます。

ですがこれはデザイナー全体の中でもほんの一部でしかありません。

仕事の案件自体もいつ途切れてしまうのか分からないので、独立する前に貯金を溜めておくなど、十分な準備をしてからフリーランスになることをおすすめします。

フリーランスwebデザイナーはどうやって収入を増やしている?

案件数を増やす

たとえあなたがwebデザイナーとして立派なスキルを持っていたとしても、独立当初は単価の高い案件を引き受けることは中々難しいと言わざるを得ません。

多くのクライアントはフリーランスとして多くの実績を持った人でないと、仕事を頼むのが怖いからです。

なので独立当初は単価の安い仕事ばかり回ってきますが、はじめのうちは安い仕事でも積極的に引き受けることをお勧めします。

それによってフリーランスとしての働き方・スキルが磨かれるほか、次の仕事に応募する際に見せることのできるポートフォリオと実績を作ることができるからです。

ある程度実績ができたらより高い案件に応募したり、自分から直接営業をして仕事を取ってくればより高単価の仕事がもらえます。

営業が苦手だという人はエージェントを利用して仕事を獲得してもらうのも良い案だと思いますね。

webデザイナーのポートフォリオについて詳しくはこちら

スキルを磨く

フリーランスとして大きく活躍する人は、満遍なくなんでもできるという人よりもどちらかというとある分野に特化して非常に高いスキルを持っている、という人が多いです。

なのでいくつか案件をこなしていくうちに、「自分はこれが得意だ」というジャンルを見つけていくのが良いでしょう。

例えば面白いアイデアを出すのが得意なのでエンターテイメント系のサイト作りがとてもうまい、医療系サイトに詳しい。

どうすれば見ている人を安心させる良いデザインや配色、全体構成が作れるのか知っている、などなど。

自分の中でサイトの作り方が固まっていれば、短時間でクオリティの高い仕事をこなせるスキルがどんどん身についてくることでしょう。

webデザイナーのスキルアップ方法について詳しくはこちら

フリーランスwebデザイナーの生活スタイル


普段の生活

時間と場所、規則に縛られない生活をすることができるのがフリーランス最大のメリットといえます。

朝起きるのが苦手、毎日同じ場所で働くのが苦手、満員電車が嫌、人間関係が辛い…etc。

それら会社勤め特有のストレスからすっぱり解放され、納期さえ守れば昼でも夜でも好きな時間に仕事をすることができる環境は多くの人が憧れるところです。

そうした束縛のゆるさから、主婦を初めとする日常生活に多くの時間を取られてしまう立場の人は特に、フリーランスという働き方を好む傾向にあります。

日々の育児や買い物、家事など無理なくこなせるため、会社員と比べて年収が低くなるといっても喜んでフリーランスという働き方を選ぶ人は沢山います。

一方で、会社員時代と違って仕事中に業務以外の用事で人と喋る機会が激減します。

黙々と孤独に作業することに苦痛を感じないか、普段からLINEなどで仕事関係以外の人と頻繁にやりとりができる相手が多い、という人でないと孤独な空気に耐えられないかもしれません。

実際に一人が寂しくてフリーランスを辞めてしまった、という人も一定数います。

自分がそういう環境に耐えられそうもないのなら、敢えてフリーランス になる必要はないといえるかもしれません。

フリーランスの孤独対策についてはこちら

収入を踏まえた生活

前述したとおり独立当初の収入は激減する人が殆どです。

請け負っている仕事もいつ無くなってしまうのか、という不安が耐えず頭をよぎることになるのは独立当初誰もが通る道です。

十分な貯金を用意してからフリーランスになれば多少不安は和らぐかと思いますが、無貯金からフリーランスになってしまった人は、何かあった場合、本当に困り果ててしまうこととなります。

そして絶対にアクシデントは何かしら起こりますし、1回だけでなく何度も頻繁に起こるのが普通です。

会社であれば先輩がトラブルに対処してくれるかもしれませんが、フリーランスはそのすべてを自分で対処しなければなりません。

フリーランスでの仕事のやりとりはいくら自分が万全を尽くしてたとしても、相手の事情で仕事がたち消えになってしまうというのはよくある話です。

自分の思い通りにことが進むことはほとんどありえないので、かならず金銭面での余裕をある程度持った上でフリーランス活動をおこなうことが肝心といえるでしょう。

webデザイナーへの詳しいなり方についてはこちら

フリーランスwebデザイナーまとめ

フリーランスwebデザイナーの収入面と、生活スタイルを見てきました。

フリーランス業の中でもwebデザイナーは生活していくことが非常に難しいと言われる通り、仕事をしていく上で多くの困難がフリーランスwebデザイナーには待ち受けています。

それでも地道にスキルアップすればやがては上位職であるフリーランスのwebディレクターになれます。

予算や人材、スケジュール管理を自分でおこなえるようになるので、高収入を得ながら自分でリスク管理もおこなうことができるようになります。

将来会社員よりも高い収入を稼ぐことを励みに、頑張ってみる価値はあると言えるでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA